主任電気工事士と専任技術者について

電気工事を行う場合は、電気工事業登録を行うか、
建設業の電気工事業の許可を取得する必要があります。
それぞれに必要な人的要件があります。

〇主任電気工事士は電気工事業登録において必要な人的要件で
第一種電気工事士又は第二種電気工事士の資格が必要です。

〇専任技術者は建設業許可に必要な人的要件で
上記の第一種電気工事士又は第二種電気工事士に加えて
1級電気工事施工管理技士又は2級電気工事施工管理技士の資格でも可能です。
※2級の場合は実務経験も必要です。

また、建設業許可を取得しても「みなし電気工事業登録」をしておく必要が
ありますので、電気工事施工管理技士だけで良いということは
ありませんのでご注意ください。

 

 

スマートフォンの方は上記をタップして頂くと発信できます。

関連記事

  1. 解体工事

    解体工事業の実務経験について

  2. 社会保険「医療保険」「厚生年金」について

  3. 社会保険「雇用保険」について