許可取得に必要な要件に

建設業許可を取得するには大まかに5つの要件を満た必要があります。

1.経営業務の管理責任者がいること

建設業に関する経営経験有する方が必要となり、常勤性がもとめられます。
この場合、法人の業務を執行していた社員、取締役、執行役、個人事業主では事業主や支店長などの方になります。

2.専任技術者がいること

営業所ごとにその営業所に常勤していて専ら職務に従事していて、許可を受けようとしている
建設工事に係る「国家資格や実務経験を有する技術者が必要です。

3.財産的基礎・金銭的信用を有すること

建設工事を請け負うには適正な施行を確保するため、許可申請者は相応の資金を確保している事を有します。

4.欠格要件に該当しないこと

申請者が法人の場合は法人又はその役員、若しくは一定の使用人、個人事業の場合は個人事業主又は
一定の使用人が各種法令違反をしていないこと。

5.営業する事務所を有していること

営業所とは、本店・支店や常時建設工事に係る請負契約等を締結する事務所をいいます。
単なる、連絡事務所や倉庫は該当しません。
具体的には看板やポスト、電話、パソコン、FAXなどを有する必要があります。

※これらの要件は書類で確認されます。上記要件が満たされない場合は建設業許可を
受けることができません。

要件を確認したいお客様は下記までお電話ください。

06-6777-5149

メールでのご相談ご希望の方はコチラ